【東大受験生へ】いよいよ入試、頑張ってください!(眠れない人へ・最後のチェック事項・アドバイス)

こんにちは!たつやです。

いよいよ、明日から、東京大学入試本番ですね。

受験票の確認

まず、今のうちにやってほしいことが、受験票の再確認です。

 

受験票が手元にあること、写真の用意

記載された試験会場の場所を確認すること、

さらに、試験期日の「日時、科目」を改めて確認してください。

 

文系の方は、駒場キャンパス、理系の方は、本郷キャンパスですね。

1日目は、国語と数学、2日目は、理科or社会と、英語です。

 

また、集合時刻も改めて確認しておいてください。

確認したら、すぐに、試験会場へと持参するバッグへ、入れておきましょう。

 

ホテルに宿泊の方

今日は、ホテルに宿泊される方もいらっしゃると思います。

なかには、昨日から、すでに宿泊されている人もいるでしょう。

 

明け方は結構冷えますし、空気が乾燥します!

ですので、暖房の温度調節、空気清浄機の利用をしてください。

空気清浄機(加湿器)は、フロントに電話すると持ってきてくれると思いますので、遠慮なく利用しましょう!!

 

ホテルから、試験会場までの行き方も、あらかじめ地図などをスクショするなりして、確認しといてください!

 

緊張している方

いよいよ試験が明日に迫り、不安な気持ちになっている方もいらっしゃると思います。

 

特に、2回目の方などは、去年の思い出やトラウマがよぎるかもしれません。

 

でも、大丈夫!!

落ち着いて、試験に臨みましょう!

 

緊張しているのは、あなただけではありません。他の人もみな緊張しています。

鼻から大きく息を吸って、大きく吐いてください。深呼吸をくりかえしましょう!

 

これから

残り、わずかしかありませんが、

少しだけやっておいたほうがいいことを書いておきます。

 

1つ目は、苦手分野の復習をしてください。

「この分野、出たらやだなー」と思っている時に限って出題されるのが、試験の嫌なところです。

各科目、自分が苦手だと思うところがあると思いますので、該当箇所を教科書や問題集をみて復習しておきましょう。

ざっとで構いませんので、時間をかけすぎないようにしましょう。

 

2つ目は、簡単な計算や、リスニングをしてください。

直前に、新たに問題集に取り組んだり、まだ解いていない過去問に手をつけることは得策ではありません。

簡単な計算をして、計算ミス、ケアレスミスを減らし

また、リスニングをしておくことで耳を慣らしておきましょう

 

3つ目は、シミュレーションをしておきましょう。

当日、朝起きてから、試験終了までを自分なりに、頭の中でシミュレーションしてみましょう。

問題をスイスイ解いている自分を思い浮かべてください。

「あ、これ難しそうだから、後回しにしよう」とか、臨機応変に対応しているところを想像しましょう。

あらかじめ、シミュレーションしておくことで、当日何か起こった際にも、落ち着いて対処できると思います。

 

持ち物について

持ち物については、

学校や塾などで耳にタコができるぐらい聞かされていると思いますが、

念のため、ここにも書いておきます。

 

受験票

身分証明書

シャープペンシル

黒鉛筆(H、F、HB)3本以上!

プラスチック製消しゴム2個以上!

鉛筆削り

時計

弁当・飲み物

ティッシュ

カイロ

チョコなどのお菓子

 

以上があれば十分かな。

 

眠れない人へ

いま、この記事を読まれている方の中には、

なかなか寝付けずに、仕方なく起き上がって、スマホを開いている、

そういう方もいるかもしれません。

 

落ち着いてくださいね。

無理に、寝よう寝ようとすると、かえって眠れなくなってしまいますので、

落ち着いて、温かい飲み物でも飲んでください。

 

あたたかい飲み物が近くにないという方は、お湯でも構いませんので、少し飲んでみてください。

心が落ち着くとともに、体が温まり、寝やすくなると思います。

 

あとは、ゆっくりと目をつぶって、横になってください。

仮に、眠れなかったとしても、静かに横になれば、脳も体も休んでくれています。

 

落ち着いてください。

 

おわりに

それでは、僕からは以上になります!

 

かげながら、ご健闘をお祈りしております!頑張ってください!!

今までやってきたことに自信を持って、のぞんでください!!

ラクちゃん
ふれーふれー!!
タカ先生
応援しております!!
error: 引用転載はご一報下さい。