プロフィールの書き方(ゲイアプリ・恋活での自己紹介文、誠実な彼氏が欲しい人へ)

今日は、以前からリクエストがありました、

自己紹介文の書き方についてお伝えしたいと思います。

自己紹介文は不要?

ラクちゃん
僕はラクといいまして、生まれてからずっと、ラクダをやっています。
たつや
いきなり、自己紹介はじめたな笑

 

そもそも、「マッチンングアプリとかで、自己紹介文とか必要あるの??」って意見もあるかと思います。

 

だって、ナイモン(ナインモンスターズ)を開けば、

ペタッと、自分の半裸の写真をあげて、あとは「よろ〜」とか書いているだけの人とかいますから笑

 

でも、真面目な恋愛目的の方であれば、最低限の自己紹介文は必要だと思います!

 

この記事は、「誠実な彼氏が欲しい。真面目な恋愛をしたい」という方向けの記事になります。

 

ポイントは3つ

自己紹介文で、重要なポイントは3つです。

 

① 近況、身上をある程度出すこと

② 人柄、性格を見せること

③「会ってみたいな」と思わせる終わり方にすること

 

この3点を意識するだけで、反応は変わります。

まじで、変わります!

僕は、何度も試行錯誤して、自己紹介文を変えて研究してみました。

 

① 近況、身上

具体例は、こんな感じです。

 

△ 30歳です

△ 社会人です

△ 学生です

◎ SEやっています。

◎ メーカー系の管理職をしています。

◎ 学生です。医学専攻です。

 

◎の例のように、ある程度、何をやっているか書いてくれていると、

真面目に恋人を探している側からは、アプローチしやすいです。

 

メッセージのやりとりでの、話のネタにもなりますから!

 

もちろん、「誰がみてるか分からないアプリに、自分の素性なんて出せないよ!」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、「ブリッジ」という、本人確認必要な真面目アプリや、

「リザライ」や「ブリッジラウンジ」という、会員制のお見合いサービスを利用してください。

 

⇒ 【感想】(1/3)まじめなゲイの婚活アプリ「Bridge ブリッジ」を見つけたぞ

【比較紹介】リザライ・ブリッジラウンジ・LGBTパートナーズ(真面目ゲイの恋活サービス)

 

② 人柄、性格を示すこと

こんな感じです。

 

△ よろ。

△ ご飯でも。

△ 趣味は音楽鑑賞とか。

◎ 遠慮なくメッセください。

◎ 良ければ、ご飯でも行きましょう。

◎ 趣味でジャズバンドやっています。

 

△の例のような、打ち切り文や、ぶっきらぼうな表現は、ちょっとアプローチしにくいです。

言葉には、その人の人柄が現れます!!

パートナー探しであれば、丁寧な言葉を使ってください!!

 

また、趣味についても、単に“音楽鑑賞”といった、抽象的なものではなく、

具体的なものを出していただけると、共通ネタなどでアプローチしやすいです。

 

③ 「会ってみたい」

これが、一番難しいのですが、

自己紹介文を読み終わった時、「直接会って話をしてみたいなあ」と思わせる書き方をすることが重要です!

 

CMとかでよくあるような「続きはWEBで!」というものと同じで、

「続きはリアルで!」と思わせればいいのです!

 

まあ、顔がイケメンの人であれば、顔写真ひとつで、そう思わせることが出来るんですけど、

いかんせん、ブサイクゲイの僕は、そんなことできませんのでね、、、

ラクちゃん
ぐははは。
たつや
ラクちゃん、あとで校庭裏においで。

 

こんな感じですね。

△ よろ。

△ 好きな歌手は安室ちゃん

△ 趣味は旅行。

◎ 良ければ、10分程度でもお茶しましょう!

◎ 安室ちゃんの歌が大好きで、1日中、カラオケで歌っていられます。ぜひ、一緒にカラオケ行きましょう。

◎ 趣味は旅行なので、もし、お付き合いする人が出来たら、一緒に旅行とかするのが夢です。

 

◎の文章は、その人と付き合ったら、

未来において、「どういうことがあるかな」と想像させてくれる文章になっています。

単に、△のような自己完結の文章を書くのではなく、相手に未来を想像させるような文章にしてみてください。

 

ナイモンだと、こんな文章を書いている人はごくごく少数ですが、

真面目アプリ「ブリッジ」や、お見合いサービスの「リザライ」では、◎のような文章を書いている人が半数いるので、

書いていない方は、ぜひ自己紹介文に書き入れてください。

 

他にも、

◎ メッセージをくださったら、必ず返信します。

◎ 恋人ができたら、アプリは消す予定です。

と書いている人を、アプリで見かけたことがあります。

これらも、個人的に、「会ってみたい」と思わせてくれました。

 

おわりに

以上、自己紹介文での3つのポイントでした。

 

もう一度、おさらいしますね。

① 近況、身上をある程度出すこと

② 人柄、性格を見せること

③「会ってみたいな」と思わせる終わり方にすること

3つのポイントを実践していただければ、他のアプリユーザーの反応は変わると思います。

 

もし、あまり効果を発揮しない場合は、めげずに繰り返しトライしてみてください。

 

また、顔写真についても、いい写真を使ってください。

⇒ 【テクニック】マッチングアプリでの顔写真・プロフ画像を良くする方法

 

さらに、自分自身を磨くことを怠らないことも大事です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

自己紹介について、より詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

こんにちは!たつやです。 今日は、またまた、恋愛相談にお答えします。 自己紹介の書き方 いただいたリクエストは、こちらです。(転載について許可をいただいております)   19歳学生です。 同じ学生として、た[…]

error: 引用転載はご一報下さい。