恋愛観・結婚観・貞操観念がかたいゲイは、意外といるっぽい。

ブログをはじめて、はや2ヶ月が経ちました。おかげさまで、記事も少しずつ増えてきました。

いつも、ブログを訪問してくださっている方、記事を読んでくださっている方、本当にありがとうございます。

初記事について

本ブログの記念すべき初記事は、

でした。

 

正直、「めんどくさい奴やなあ」と思われるだろうと、投稿をためらった記事でもあります。

それでも、誰かに伝えたくて、ほぼ殴り書きでアップした記事でした。

 

ところが、意外と反響がありまして、問い合わせを通じて、

「僕も似た恋愛観を持っています」「共感しました」と連絡をくれる方がいらっしゃって、とても嬉しく思っています。

 

わざわざコメント欄を用意しているのに、なぜ、そちらにコメントしないんかいな!

とツッコみたいのもやまやまなんですが、コメント欄での公表がいやと思われているのかもしれません。

 

そういう点も、恋愛観がかたい人らしいなと思います。

(なかなか返信できていなくて申し訳ありません。)

 

類は友を呼ぶ

実は、解析ツール(ブログの訪問者数を調べることができるもの)によれば、このブログの訪問者の人数は、まだまだ少ないんです。

 

にもかかわらず、恋愛観の記事について、連絡をくださった方の数は、そのうちの2割にのぼります。

これは、個人的にびっくりです。

訪問者総数の2割が反応してくださるなんて、ふつうじゃないです、たぶん。もしかしたら、重複して連絡した方もいらっしゃるかもしれません。

 

僕は、このブログを始める前、「もしかして、恋愛観がかたいゲイって、この世に存在しないんじゃないか」と思っていました。

ある意味で、マイノリティ of マイノリティなんやなあって。

でも、少なからずいらっしゃるんですね。

 

記事を通じて、集まってくださる。「類は友を呼ぶ」って言葉は、ほんとにその通りなのだと思います。

 

本ブログの目的

このブログを始めた理由は、ブログをはじめた理由でも書いていますが、実はもうひとつあります。

 

それは、真面目すぎる性格ゆえに、うまくゲイライフを送れていない方との交流の場にすることです。

こちらで、ブログを書くことになった経緯を書いています。

恋愛観がかたいがゆえに、悶々と日々を過ごしている人は一定数いると思っています。

 

そのような方と、ブログを通じて、色々なことを語り合えたらいいなあと。

 

今後について

引き続き、恋愛観の話や、まじめゲイのための恋活といった記事を投稿していきたいと思います。

 

現に、自分の恋愛観がかたいがゆえに、恋愛を楽しめていないという人もいるでしょう。

そのような方のため、僕の経験を踏まえて、お役にたてるような記事を書いていければいいなと考えています。

 

決して、恋愛に失望しないでくださいね。真面目に、真剣に、恋人探しをしている人は少なからずいると思います。

今後、もしかしたら、このブログの読者の方を集めて、イベントとか企画するかもです。

ラクちゃん
ほんなら、おれも呼んでや!
たつや
人間オンリーだよ!

というわけで、今後とも、どうぞこのブログをよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

記事リクエストは、こちらからどうぞ!

『お問い合わせ・ご声援』

error: 引用転載はご一報下さい。