失恋が、ブログをはじめるきっかけに。

突然の別れ

このブログをはじめようと思ったきっかけ、

それは、付き合っていた彼氏からの「別れよう」の一言でした。

 

彼とは4年間付き合っていました。

4年間っていうと、ノンケ(異性愛者)の方からすれば、「ふーん」程度かもしれませんが、ゲイの人からすると、「ええ? 4年も? ながっ!」というレベルになります。

 

極度の恋愛体質であり、固い恋愛観をもっている自分にとっては、「彼氏 ≒ 自分の世界」みたいになっていて、突然の別れに、目の前は真っ暗。

 

それまで1つずつ積み上げてきた、思い出という名の“ピラミッド”が、一気に瓦解した瞬間でした。

あ、自分って、こんなに友達いなかったっけ。なんて思うほど、彼が世界の大部分を占めていました。(情けない)

 

新たな彼氏探し

しばらくは、失恋のどん底に落ち、泣いたり、嘆いたり、写真を見ては思い出に浸ったり、そんな日々を過ごしていました。

そんな時、元彼に新たな彼氏ができているとの情報が。

 

ファ!!? パードゥン? はやくない?!!!

再び、涙のルーティンへ。

 

しかし、泣いてばかりではいられない。自分も新たな彼を探さなければ、、、新たな一歩を踏み出さねばと徐々に思うようになりました。

 

ゲイの世界は、よほど職場や学校が、ゲイにフレンドリーでなければ、日常生活で、出会いはありません

だから、出会い系アプリを使い始めました。

 

出会い疲れ

しかし、クソ真面目な恋愛観をもっている僕は、「恋人にならないと、絶対しない!」なんて思っている人間です。

 

だから、ゲイの出会い系アプリでは、ヤリ目的の人が多いことにうんざりしてしまいました。

ただでさえ、ゲイは、少数派の生き物なのに、さらに僕は少数派なのかと。

 

元彼も、割と、固い恋愛観を持っている人でした。だから、初めて出会ったとき、かなり意気投合したのを覚えています。

でも、そういった人がなかなか見つけられない。

 

やっとのことで、見つかったとしても、そこから両思いになるかは、また別の問題。

つくづく、元彼の存在の大きさを思い知らされました。

 

先輩ゲイのすすめ

そうこうしているうちに、失恋のことを相談していた、ゲイの先輩から「自分から発信すれば?」なんて言われました。

 

はっしん??

「え? ツイッターのことですか?」と聞いたら、いや、それもヤリ目的の人多いよと。

 

え、ブ、ブログ?

「あんたみたいに、無駄に(笑)高潔に生きているゲイなんてそうそう見たことないから、ブログで発信すれば?」と。

ブログで発信だなんて夢にも思いませんでした。

 

自ら発信へ

僕は、ゲイの人が書いているブログをたまに見ていました。

確かに、自分に似た人は、あまりいない感じ。

いや、いるのかもしれないけど、ゲイライフを楽しんでいる人のブログがどうしても目立ってしまう。

 

でも、もしかしたら、自分のように、くそ真面目すぎる性格ゆえに悶々と日々を過ごしている人もいるのではと思うようになりました。

だから、このブログは、僕のためだけのものではありません。このブログを通じて、僕と似たような人との交流の場になればと思っています。

 

ぜひ、コメントや記事リクエストをお送りください。

あわせて読んでほしい

⇒ 『 恋愛観がかたい。いや、かたすぎる。 』

記事のリクエストや、ご声援もお待ちしております!(励みになります)

⇒ 『 お問い合わせ ・ ご声援  』

error: 引用転載はご一報下さい。