【まとめ】つらいとき、悲しいとき、さびしい時、死にたい時に聴きたい曲(オススメ)

こんにちは、たつやです。

人間やっていると、辛いこと、苦しいこと、泣きたくてどうしようもないことに遭遇しますよね。

ラクちゃん
ラクダの俺だってそういうことあるぞ!

 

そんな時に、僕がいつも聞いている曲を紹介したいと思います。

僕の選曲なので、あわない方もおられるかもしれませんが、

おそらく1曲ぐらいはお気に召していただけるはず。。。

 

後半になるにつれ、曲調も歌詞も重い内容になっています。

この曲を聞いて、元気になってくださる読者さんがいたら幸いです。

Believe ビリーブ

 
誰しも、歌ったことや、聞いたことがある曲だと思います。

子供の頃は、考え無しに無邪気に歌っていましたが、大人になって歌詞の意味の深さ、重みを知りました。

 

野に咲く花のように

 

こちらも小さい頃は無邪気に歌っていました。

でも、すごく良い歌詞で、改めて意味の深さを痛感させられます。

野原畑、大草原に自分がいる情景が頭に浮かび、辛いことや悲しい出来事、邪念を忘れさせてくれます。

 

Jupiter ジュピター

 

平原さんの歌声が、強くそして深く、心に訴えかけてきます。

 

木星(惑星の第4曲)の曲を使用した歌ですが、大きな世界のうねり、営み、壮大な世界観など、

そういったものが歌詞の中にちりばめられており、生きることの強さを感じさせてくれます。

 

僕は、どうしようもないほどの孤独を感じる時に、この曲を聞くと、とても心が落ち着きます。

 

Cry Baby

 

クレヨンしんちゃんの映画「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」の主題歌になった曲です。

僕は、映画を見て、その後にこの主題歌を知ったのですが、歌詞の内容にびっくりしました。

 

いつも、作り笑いをして、周りに合わせている自分。なんて疲れる毎日なんだろう。

この曲は、そんな自分に真正面から語りかけてくれる曲です。

 

Why me

 

母子家庭で育ったYUIさんの、幼少時代の寂しさや、孤独感が書かれた歌です。

はじめて作った歌が、このWhy meだそうです。

 

周りに助けを求めたくても求めることができない。苛まれるような孤独。

同性愛者だと自覚し始めた中学生の頃の僕は、将来への不安、孤独への恐怖もあり、ずっとこの曲を聞いていました。

 

スマイルスマイル

 

NHKの動物番組「ダーウィンが来た!」の終盤に流れる曲です。

いつも感動的なシーンで流れるため、涙を誘います。

 

歌詞自体も素敵で、「辛いことや痛みは、無駄じゃないんだよ」って励まされます。

ほんとに良い曲なのに、あまり知られていないのが残念です。

 

手紙 〜拝啓 十五の君へ〜

 

15歳の子が、未来の自分にあてて書く手紙。それを歌にしたものです。

歌詞のアイディアがすごいなと思います。

 

この曲がリリースされた時、ちょうど僕も、多感な思春期を迎えていた頃でしたから、心に響くものがありました。

現に、悩みを抱えている中学生や高校生の子がいれば、ぜひ聞いて欲しいです。

きみの未来に絶望しないでほしい。

 

いのちの記憶

 

スタジオジブリ制作の映画「かぐや姫の物語」の主題歌です。

映画もすばらしかったですが、この曲が映画をさらに魅力あるものにしたのではと、個人的に思います。

 

いのちの重み、生きていることの素晴らしさ、死に逝く者への哀悼など様々な感情が込められた曲だと思います。

聞いていて、心が洗われます。

 

君住む街へ

 

高校生の時に、友達から勧められて、聞いた曲です。

その時は、辛いことも多くあった時期でしたので、とても泣いたのを覚えています。

 

歌詞の一つ一つが自分にあてはまり、頭から離れない。

イヤホンで聞くと、小田和正さんのあたたかい歌声がひびきわたり、救われる思いがします。

 

僕が死のうと思ったのは

 

曲調がとても暗めですが、だからこそ、死にたいほど辛い時に、心に染みる曲です。

 

“死ぬことばかり 考えてしまうのは きっと生きることに 真面目すぎるから”

初めて聞いた時、この部分がグサッと僕の心に刺さり、号泣させられました。

死は、決して生と反対のものではなく、隣り合わせの、すぐ近くにあるものだと感じました。

 

生きたいからこそ、死を考えてしまう。

今も曲を聴きながら、涙が出てきます。

 

生きてることが辛いなら

 

この曲の歌い出しは、すごく衝撃的な内容になっています。

初めて聞く人はビックリすると思います。ええ??って。

 

でも、少しずつ元気をもらえるような歌詞になっていて、曲を聴き終えた時には、

「よし、辛いけど、また明日から頑張るか

そう思えるような歌になっています。

 

批判が多い曲ですが、僕は好きです。泣きながら聞いています。

(というか、この曲を批判する方って、幸せなんでしょうね。。。)

 

おわりに

この記事は、僕が辛くなった時にいつでも戻ってこられるよう、備忘録としての記事でもあります。

でも、現に苦しんでいる人のお役に立てれば、なおのこと嬉しいです。

 

つらいこと、泣きたいこと、寂しさや孤独、不安、、、

生きているとほんとに色んなことがありますが、明日も頑張って生きます。

error: 引用転載はご一報下さい。