恋活と就活って似ているなあ(使えない東大生と、長続きしないイケメン・履歴書と恋愛歴)

就活と恋活

恋活って、就活と似ているなあと思います。

 

恋活は、お見合い(リアル)をして、

相手を選び、そして相手に選ばれる、、、

その繰り返しです。

 

就活も同じ。

 

就活では、面接を通して、

会社に、自分を選んでもらいます。

もちろん逆に、就職先として、会社を選ぶこともできます。

 

東大生の就活

恋愛でモテる人がいるように、

就活では、東大生がモテます。

決して自慢のつもりではありません。後述をお読みください。

 

就活市場では、明らかに東大生を優遇していて、

東大生のみを対象とした企業説明会や、

優先的に、内定枠を用意する会社さえあります。

 

単に、企業説明会に参加し、ブースに立ち寄っただけなのに、

勧誘の電話が何度も来たり、

他社の内定状況を伺うような連絡や、

留めておこうとする働きかけがあります。

 

勘違いしてはいけない

でもね、

こういうとき、調子に乗る人っているんですよね。

 

「俺って、優秀だからか」って。

「自分は、有能だから、ひくてあまたなんだ」って、勘違いする人、、、、

 

でも、それは違うと思います。

 

ほんの3年間

あくまで、

東大生が、就活市場で評価される理由は、

「高校という、ほんの3年間の期間だけ、いい成績をあげた」

ただ、それだけなんですよね、、、

 

決して、皆が皆「東大生=優秀」ではない。

 

真面目で勤勉な性格だから、

きっと、入社した後も、会社の業務にしっかりと励んでくれるに違いない、、、

そういう推定が働いているだけ。

 

入社後

だから、

東大生であることに甘んじていると、

入社した後に、「あれ?こいつ、使えねえな」と思われることになる。

 

やはり、学歴と、社会人としての能力は別なんだと思います、、、

 

いわゆる、”使えない東大卒”というのは、

自分の能力に対する、慢心や過信によって生じる産物なのだと思います。

 

恋活

これって、実は、恋活にも当てはまると思っています。

 

恋活市場では、

イケメンや、高収入の人がモテます。

 

ゲイ(同性愛者)の世界であれば、、

マッチョや、イカニモ、そしてやっぱりイケメンがモテます。

(⇒ 参照記事:「【モテるゲイ】モテる方法をモテないゲイが考えてみたよ(外見、筋肉、職業、身長など)」

 

だから、モテたいがために、体を鍛えたり、オシャレしたりする人は多くいます。

 

幸せ

でもね、

ここからが問題。

 

恋活でモテる人が、

恋愛において、長続きするかどうか、相手に対して誠実であるかどうかは、別なんですよね。

 

顔や体でモテていても、

いざ、付き合ってみると、

相手への思いやりがなく、欲に任せて行動するような人だったりして、

結局、ほんの1年も経たず、別れることも少なくありません。

 

体を鍛える

ゲイの世界では、

体だけを熱心に鍛える人がいます。

 

もちろん、自己研鑽として良いこととは思うけれど、

結局、心を成長させなければ、恋愛って長続きしないと思っています。

 

相手への思いやりがなければ、

自分の容姿に自惚れているだけの、ただの「使えないイケメン」になるわけです、、、

 

これは、就活市場における「使えない東大生」と同じ原理なんです。

(すみません。偉そうに言ってますが、僕自身も、心を鍛えなければと、日々痛感しています。

 

恋活=就活

そういう意味で、

恋活と、就活って本当に似ています。

 

だから、もし、この記事を読んでくださっている方で、

現に、恋活をしている方がいれば、

心の成長も、自己研鑽の一つとして組み入れてほしいです。

 

もう1つ

さらに付け加えるならば、

1つ1つの恋愛に対して、真摯に向き合ってほしいと思います。

 

就活において、

「東大生 = 会社の業務に対して真面目に取り組んでくれるであろう」という推定があるように、

恋活においても、同じような推定があると思います。

 

それは、

過去に、真面目な恋愛をしている人は、やっぱり、真面目な恋愛をしてくれるというものです。

 

逆に、浮気をする人は、やっぱり浮気をしつづける傾向にあります。

 

就活で、履歴書が見られるように、

恋活においても、恋愛歴って、思っている以上に大事です。

 

おわりに

なんか、すごく偉そうなことを言わせていただきました。

(すみません。自分自身に対して言うつもりでこの記事を書いています。

 

恋愛って、生身の人間を相手にするわけですから、

やっぱり、心を大事にしている人、思いやりがある人がいいと思います。

 

僕自身、恋活中、そのような人を探してアプローチしていました。

親切な人、一番大切にすべき人を大切にできる人は、本当に自分を大事にしてくれます。

 

僕もそういう人になれるよう頑張ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: 引用転載はご一報下さい。