映画『君の名前で僕を呼んで』をみてきたよ!(感想とあらすじ、曲がいい!)

美しく、切ないストーリー

見てきました。

 

最初らへんは、冗長的すぎて、うーん?なんて思っていましたが、徐々に、展開にくぎ付けになっていく僕。

 

えー!!

すごく切ない。

まずはこちらの予告をご覧ください。

 

大まかなあらすじ

ネタバレなしで、大まかなあらすじを。

(当ブログでは、ネタバレを含む場合には、「ここから」と明記しています。

 

北イタリアで、のどかな暮らしを送る、エリオの家族。

エリオは、17歳の多感な男子。

 

彼女らしき子もいます。

そこに、オリヴァーという24歳の青年がやってきます。

 

エリオとオリヴァー、2人は、反発しあったり、自分の感情を押し殺しつつも、徐々に惹かれあっていきます。

 

でも、時は1983年。まだ、同性愛に対して、社会の目がきびしい頃。

さらに、オリヴァーがいるのは、ひと夏だけ。

 

互いを想う気持ちが強くなる一方で、、夏の終わりが近づいてくる。。。

 

心が洗われるメロディー

結末は、予告からもわかるのに、なんでこんなにも切ない気持ちになるのか。

 

映画の途中に流れるメロディーが、より一層、切なさを増長させています。

すごくね、

切ないメロディーなんですよ。

 

予告動画にも流れていますが、ささやくような歌声。

すごく映画とマッチしていて、エリオの感情を表現しています。

 

今も、メロディーを聞きながら、この記事を書いています笑

 

どうしても、同性愛を扱った映画って、バッドエンディングだったり、なんか後味が悪かったりするものが多いんですけど、

この映画はそんなことなく、観終わった時、なんだか、春が訪れるときのポカポカした暖かさみたいなものを感じさせてくれました。

 

 

ここから、ちょっとしたネタバレを含みます!

まだ知りたくないという方は読まないでください!別にかまわないという方は、読み進めてください。

 

父の言葉が感動的

オリヴァーとのお別れの後、エリオの父が、エリオに話すセリフ。

これが感動的すぎて涙

 

父は、こういいます。「子供に対して、冷静になることを願う親は多い。でも、私は違う。」

父は、エリオがゲイだと分かってるんでしょうね。

 

そうそう、エリオは、作品中で、女子と遊んでいますが、ゲイには2パターンあって、

女性とできる人と、全くできない人がいます。

 

エリオは前者なんですね。

だから、厳密には、エリオはバイ(両性愛者)なんでしょうね。

ゲイよりのバイっていったところでしょうか。

 

父のセリフ

話がそれてしまいました。

 

それで、父は続けてこういいます。

「心と体は、一回しか与えられないものだ」

「体は衰え、いずれ、誰も見向きもしてくれなくなり、誰も近づかなくなる日が来る」

ううう

これは、すごく胸に刺さる。

 

ゲイの世界だとなおさらですよ、それは!

 

この父さんのセリフがあるからこそ、この映画はさらに素敵なものになったんだと思います。

 

オススメです

てなわけで、この映画、ゲイ映画のベスト10にランクインしました!(僕の中での話ですけど笑)

おすすめです!

 

そういや、僕の父は、僕がゲイであることを知った時、どういう反応をするのかなぁ。

あわせて読んでほしい

ホームステイに来た美青年

error: 引用転載はご一報下さい。